おうま生活空間 oumalife.space

出資馬のお話と出資してみた理由とそもそもワラウカドの会員になってみた理由


はじめ、一口馬主の世界に戻るならキャロットにしたいと思っていて、でも止めてしまったのは、会員年数でも抽選が決まってしまう部分があったのと、リスクの大きさも感じたというか…
まあ、リスクの部分はどのクラブのおうまさんに対しても言えることだけど、キャロットは社台・サンデー系が庶民レベルに降りてきてくれたようなクラブとはいえ、高額馬が多いことには違いない。

庶民レベルに降りてきたというのは、社台・サンデーの募集は40口とか50口とか。一口あたり6ケタ7ケタの出費なのに対し、キャロットの募集口数はそれの×10。
社台やサンデーで一口50万で募集されているおうまさんが、キャロットでは5万で買える計算になる。

だが、キャロットまでG1レベルで活躍できる馬が多くいると分かれば、そこに会員さんが集まってくるのも必然で、募集にかけたおうまさんが皆満口になるのも早いし、そこに抽選が加わると新参者には厳しいクラブ(いつかは積み重ねの第一歩を踏み出さなくてはならないのだけれども)。


そこで、次に目をつけていたのがレッド冠名の東京HRだったが、こちらもG1馬が誕生してから人気が出てきたクラブでほぼ満口になっていた。
残っていたおうまさんからいい馬だと感じられるおうまさんがいたら考え方は変わったかもしれないが、そこまで思えたおうまさんはもういなかった。

東京がいいと感じていたのは、一口あたりの金額もキャロットに比べると安価だ。それに、ダービー馬レイデオロやエピファネイアになると一口15万円したが、それで走ってくれたからいいが、必ずしもそれは約束されたものではない。
エリザベス女王杯や宝塚記念を勝ったマリアライトは一口8万だったが、そのクラスだと良くて重賞獲得である(それでも十分だが)。

一方、東京が輩出したG1馬は、レッドディザイア、レッドリヴェール、レッドファルクスだが、レッドディザイアで一口6万、他の2頭は一口4万。
キャロットでそのクラスでG1馬となると、3万5千円だったシーザリオくらいしか思い浮かばない。


さらにリサーチしてみてワラウカドに行き着いたが、うーん、ちょっとこの先の発言飛ばしていただいても構わないが、私の馬券スタイルはサインである。

で、私は競馬関係者ではないから妄想で話すが、かつて研究した時に感じていたのは、競馬界の序列みたいなもの。
G1では社台系買っていれば…も、そういうものがあったのかもしれないし、騎手にも法則めいたものがあって、騎手の通算成績を眺めるだけで優遇されていると感じた騎手もいるように感じられる。

…の考え方の延長で、クラブ法人にもそういったものを感じていて、例えば過去にお世話になったブルーインベスターズからは未だ中央G1馬が出ていない。
ブルーコンコルドが最もそれに近づいていたが、フェブラリーSでの2年連続2着が精一杯だった。しかも、種牡馬にもなれずこの世を去っている。


そう考えた時に、まだ序列が見えてこないクラブのほうが可能性あるのではないかと思えたところもあり、ワラウカド(パカパカファーム)なら、時に閉塞的、封建的とも言える競馬界において、トップが外国人の牧場からG1馬、しかもダービー馬まで輩出されたのは「優遇」の面でも大きかったりするかも…と感じたのも事実である。

私がワラウカドの会員になった年は、6頭しか募集にかけられておらず(1年目の前年は3頭である)、事前には入会金無料キャンペーンも行っておきながら満口になっていたおうまさんもいなかった。

その中から選んだ1頭が、このコズミックウィッシュの2016で一口3万円のおうまさんだが、このおうまさんを見て頭の中を駆け抜けるものがありほぼ即決だった。

その理由について、今一度言うが、私はサイン派である。以下読み飛ばしていただいても構わない。

普通なら、同じく出資された会員さんなら、ダート重賞武蔵野ステークスを勝ったイジゲンの全妹という視点から購入動機へと至った会員さんが殆どだろう。
だが、私はそれとは全く異なる視点からこのおうまさんに懸けたい気持ちになった。

このおうまさんの誕生日は5月1日、父はエンパイアメーカー。
これでピンときたら、そういうことなのだけれども笑 この馬が3歳になる年の4月30日に、平成が終わる。

そして、このおうまさんが一つ年を重ねた日に(競馬の世界では1月1日なのだが置いといて)、新元号になる。

だから、一番の希望は、その週末に行われるはずのNHKマイルカップで頭を獲って欲しいこと。

もっと言うと、このおうまさんは鮫島厩舎にお世話になる予定。
鮫島先生の名前は、一歩。はじめの一歩にも通じてくれないだろうかという願いもある。

パカパカファームから輩出されたG1馬3頭のうち2頭は、NHKマイルカップ馬。その相性の良さも推しにはなっている。


まあ、競馬の世界だからこういう発想は甘えもいいところだが、その発想が通じてくれるかは、今夏に決まる馬名でもある程度判断付くかなとは思う。
私も馬名応募の権利をいただけるのであれば、少しでも相応しい名前を考えてあげたいと思っている。

兄同様ダート馬ならば、プロヴィナージュのように秋華賞あたりで暴れてくれても十分お釣りはあるし、ダートが主戦場になっていくのであれば、兄のように一度はインパクトを残す勝ち方をして欲しいところである。
page top