おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア(コズミックウィッシュの2016)育成状況180511


私にはGWがないので2週間ぶりの更新である。

来月にはデビューする2歳馬もいる。地方ではもうデビューしている2歳馬もいる。
だが、私の愛馬は慌てず騒がず引き続き吉澤ステーブルで育ててもらっているところ。


で、オフィシャルからの近況を2週分。

5月4日

基本18/Fペースで坂路、ダート直線コースで乗り込みを行なっており、しまい1Fを15秒程度の調教を1本行いました。
15/Fをこなすだけの体調は維持しております。少しずつ前向きさが出ており、調教に行くと気合いを見せています。クセがない性格で、普段は大人しくしています。


5月11日
今週はあまり天気が良くなく坂路中心での調教になりました。土、月〜水曜日: 12-1600m角馬場でのキャンター +坂路もしくは直線ダートコースを18/F、金曜日:角馬場1200mキャンター+坂路 3F 42秒目処で調教を進めました。
本日の坂路調教ではデアリングヴェスタと併せました。少し早めの時計の指示でしたが、コンディションが良いこともありしっかり走れていました。騎乗員:「胸も深くてこれから更に良くなりそうですね」との事です。
体調良好で、馬体重456kgです
本日3週間ぶりに調教の撮影に訪れましたが、毛艶が良く以前に比べて締まって来た様子が伺えました。動画は近日中にアップしますので、今しばらくお待ちください。


えーと、ネガティブな要素がないのはいいが、前向きさが出ているのはかつて所有していたおうまさんたちも言われていたこと。実際レースで走ってくれるのか、導かれるおうまさんなのか。そこがこれまでのおうまさんと同じか違うかが重要である。

馬体重も微増ということで、ダート馬にするのならもっと増やして欲しいと思っているのは何度も申し上げているが、でもおそらくはこれくらいの馬体重でデビューを迎えるのだろう。


それにしても、胸も深くて更に良くなるという意味がよく解らない。おうまさんを見る眼はみなさまにお任せするとして、私は導かれるおうまさんであることをひたすら願うばかりである。


5月1日生まれのエンパイアメーカー産駒。はじめの一歩厩舎であることが私にとっては総てだ。


これに、川田か福永が乗ってくれると更にプラスと思っている。
どちらも好みの騎手ではなく、騎乗フォームが綺麗な騎手を元々好むが、このおうまさんにとってはこの2人だとプラスになる筈なのだ。


それに、はじめの…いや鮫島厩舎のパターンも好みである。

G1馬はモズカッチャンしか居ないが、この厩舎の重賞ウィナーを見るとみな複数回重賞を勝っている。
マコトスパルビエロやタガノトネールは地方交流と合算してだが、それでも3千万円前後の1着賞金を得ているのだから十分だ。

だからもし、このおうまさんが一つ重賞を獲ってくれるのであれば、もう一回出番があると思っている。
そういう役割でいるおうまさんであることを願っている。
page top