おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア(コズミックウィッシュの2016)育成状況180518


競馬会ではオークス、ダービーを迎えている時期、我が愛馬は少しずつ成長を見せてくれてはいるようだ。

オフィシャルより
5月18日

先週は速い時計をしっかり出していましたので、今週は坂路18/Fの調教を中心に行いました。デアリングヴェスタとペアで調教を行っています。
体力がワラウカド の牡馬達に追いついてきており、しっかり乗り込み続けられています。
飼い食いも落ちず元気に過ごしています。
次週、調教動画を撮影する予定です。


このデアリングヴェスタも同じクラブのおうまさんだが、デアリングヴェスタのオフィシャル発表でも体力面で同じ事が書かれていたことを考えると、無事に成長を続けて欲しいところだ。


話は変わるが、最近の各馬の近況を見て回ると、ここのクラブの会員さんはどのような動機で投資をされ、愛馬と向き合われているのかが気にかかるようになってきた。

ちょっとこう思わされるきっかけとなった記事がオフィシャルにあった。転載禁止の指示があったのでこれ以上詳細は避けるが、大きなクラブ、実績のあるクラブの会員さんの雰囲気と見比べると、ちょっと齟齬というか乖離というか、ギャップめいたものを少々感じている。

このクラブはそれがスタイルとしてあるのなら悪くないとは思うが、この世界はJRAに受け容れられるかどうか、ひいては愛馬たちに先頭で駆け抜ける役目が与えられるのかどうかが肝心だ。

以前のクラブから、そして競馬観が変わってからそういう発想になってきたところはあるが、現時点でのクラブの一番馬がああいう状況ならば、ちょっと危機感も覚えている。


まあ、まだ2年目のクラブ。G1レーシングも最初の数年は浮かばれなかった。ここ最近G1馬が出てくるようになった。ここも将来そうであって欲しい。
page top