おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア(コズミックウィッシュの2016)調教動画180629


知人の愛馬が新馬戦を勝ち、重賞出走への楽しみを生み出したが、我が愛馬は相変わらずのマイペース育成。

だが、思いが届いたのか、ようやく馬体面での成長と受け取れる近況を目にすることができた。

オフィシャルより
6月29日

吉澤ステーブル:今週は悪天候が続いていますので、屋内ダート・坂路コースを使いながら調教を進めました。坂路調教は週1で15-13/F、それ以外では2000〜2400mを18〜20/F程度で乗り込んでいます。
本日の坂路調教 3F 41.9 | 15-2 - 13.8 - 12.9
筋肉量が増え馬体が一回り大きくなっています。コンディションも良く、調教のペースを上げても飼い葉をしっかりと食べています。
本日の坂路調教でも良い時計で走れており、このペースを落とさないよう進めて行きます。
馬体重 469kg (+14kg)


馬体重450kgそこらを長くキープしていた間、ダート馬としての務めを果たすのならば、あと20kgくらい増えて欲しいと書いてきたが、その理想に近づいてくれたようだ。

こう成長が目に見える形で表れてくれると嬉しい。


悪天候が続いているのは、蝦夷梅雨のような気圧配置になっているからであろう。
関東地方は、観測史上最速。6月のうちに梅雨明けしたと思われる報せが発表された。


そして、時を同じくしてサッカーロシアワールドカップはグループリーグ全試合を消化した。
我が日本代表も、批判されながらも突破した。

ポーランド戦。観戦していた時は確かにつまらない試合だった。
だが、直前の監督交代、出場国最弱と言われていた世界大会。ルールの中でのグループリーグ突破なのだから、素直に素晴らしい事だと思う。

もしかしたら、ノックアウトステージ1回戦。アウェイの空気感の中での試合なのかもしれない。
だが、世界が思う以上の差はベルギーとはないのかもしれない。

そう思わせる雰囲気が今の監督、チームにはある。我が愛馬もそう思わせるようなおうまさんへと導かれて欲しいものだ。
page top