おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア(コズミックウィッシュの2016)近況181124&181130


最近は過去の画像を使い回ししていたが、今回は約2か月ぶりに公開してくれた。
何度も申し上げている通り、私はおうまさんを見る眼がないが、この馬体は悪くないと思っている。
客観的にもそのように見える馬体であるのならば、ここまで作ってきたスタッフさんとこのおうまさん自身に感謝したい。

そして、前回オフィシャルから2件の近況があり、そのうち1件(悪いほう)は別のおうまさんに対してのコメントだったことが判明。
だからといって好いというわけではないが、こちらのおうまさんは未だデビューも果たしていない状態。そこにたどり着くまでは滞りなく進めていただきたいと願う。


今回、オフィシャルからはこの画像に添えた近況と、いつもの金曜日に公開される近況計2件伝えてきた。
順にシェアすると、

11月24日

ストラトスフィア の様子を確認するため、吉澤WEST様に訪問してきました。
厩舎内での様子は元気そうで大人しく過ごしており、普段も扱いやすい馬ですとのことです。

吉澤WEST:性格はいいのですが調教でも大人しいのでその辺りの成長を促すような調教メニューを進めています。生まれもそれほど早い馬ではない2歳馬なので進度については標準的なところではあると思っています。
少しずつ前向きさが出てきて動きも良くなってきているので、この後は併せ馬での調教などで精神面での成長を促してペースをあげて行きます。
骨格がかなりしっかりしているので、ある程度動けています。全体的にもう少し筋肉がついてくるとより大きな動きになってくると思いますので、そのイメージを目指して進めて行きたいと思います。


11月30日

吉澤WEST:今週は水曜日に坂路15/F 1本、他の日は坂路17/Fのメニューを消化しました。
ゆっくりですが調子も上昇してきており、坂路で他馬と併せた時にピリッとしてきました。また、調教している時としていない時のメリハリが効いているように感じています。
明日は坂路15/Fの調教を行う予定で、少しずつではありますがペースを上げられて来ております。
馬体重476kg


可もなく不可もない近況といった印象だが、それは最近思うことと変わらない。
それなりにオンオフの切り替えができるおうまさんなんだということは分かった。

入厩はもう少し時間を要すのだろうが、まあ悪くない近況が続いているから引き続き頑張って欲しい。
年明け入厩は既に想定内だから、こちらも引き続きゆっくり見守りたいと思う。


さて、先週のジャパンカップ。アーモンドアイの強さを再確認したはいいが、開いた口が塞がらないようなタイムで走破された。
これまでのレコードから一気に1.5秒も短縮された。平成最後のジャパンカップはそういうシナリオが用意されていたというイメージは全く無かった。


競馬界で生まれてきた数々の新しい記録とは、一気に破られるものではなかった。
以前、サイン競馬を通じ接触する機会があった方からは、競馬界の記録更新とはブブカの棒高跳びみたいなものだと表現されていた。
ブブカが1センチずつ世界記録を更新したように、競馬の記録も少しずつ上塗りされていくという例えだった。

ところが今回、全く異なる状況が作られた。ある種の、抱いていた常識が覆ったケースである。

思えば、今年の様々な結果を振り返ると、昨年までには確認できなかった異様なケースが多い。
個人的には、平成という時代が終わりを告げることが既に判っているから、温めていたものを一気に放出しているイメージを持っている。


ともあれ、アーモンドアイがもたらした凄みは変わりなく、改めてサインでそれなりに結果を出してきた故の愚かさというか久々に目が覚めた感覚になった。
同じような感覚になったのは、オルフェーヴルの引退レースとなった有馬記念以来だと思う。

まあ、愚かさを覚える以前に研究不足や実力不足を責めなくてはならないと思うが、サインに打ち込んでいた時代とはもう変わってきている。
その上で、この先も馬券を買うのであれば、少し考え方やアプローチを変えなくてはならないのかもしれない。


今週末のチャンピオンズカップは、枠順が出る前から1枠を買ってみたいと思っていた。
そのおうまさんが入ったのなら、それを買うということ。

今週末もまた、仕事終わってスマホ見て。
今回は多分、いかなる結果でも愚かさを覚えることは無いと思う。
page top