おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア(コズミックウィッシュの2016)近況181219&有馬ウィーク


また、深夜の更新となってしまった。


当然そこには我が愛馬の名前など無いが、いつも過去画像の使い回しばかりだったので先に決まった平成最後の有馬記念の枠順を出してみた。


楽しく検討し、悔いなく勝負できればいいのだと思う。平成最後の有馬記念。

公開枠順抽選の中継を見ていたが、昨年のように最後まで露骨に2枠だけが残ったというような「演出」はなかった。
最も露骨だったのは、武豊騎手が1枠1番を引き当てたことだろうか。

中継を見ていて何となくそういう雰囲気を感じ取っていた。
ユタカが引く前に1枠2番は埋まっていたから、おそらく1番を引くのだろうと見ていたら案の定その展開になった。


だが、同じようにこの場所を引くのではないかと思った騎手がいる。
それは、ルメールは6枠を引くのではないかと。

そして、それもその展開になった。
事前に、レイデオロ陣営が6枠を引いたらそれが私の本命。と決めていた。


だから、平成最後の有馬記念。私の本命はレイデオロとなった。


1番人気想定だが、単勝買って微増で我慢するか、相手を見つけて少し増やしてみることを狙ってみるか。
昭和最後の有馬記念は、本命決着だった。

その年が明けてすぐ、昭和から平成に変わった。
元号が変わる前から昭和天皇の容態や処置について連日ニュースになっていた。

昭和最後の有馬記念は、昭和最後の有馬記念だと決まっていたわけではないが、おそらくはそういう見通しであったのだろうと。
その上での本命決着ならば、今回は分かっている平成最後の有馬記念。変な小細工もなく、本命決着で決まるようなことがあっても特に驚かないと思う。


2番人気想定はキセキだが、7枠に配置された。
そのまま決まると枠連は6-7となるが、詳細は避けるが、その2つの数字は今年を象徴していると云おうと思えば云える。

震災ではない、今年2度起きたある出来事。私にとっては、それが今年最大のニュースだと思っている。


仮に本命決着でなければ、ある程度目星をつけているおうまさんが何頭かいる。
そのうちの一頭がブ「ラストワン」ピースだが、おそらくはそういう発想から導かれたおうまさんは頭を獲らないと思う。

確かに、引いた4枠は青枠であり、今年は青の入ったドラマ、アニメ、映画がヒット。
スポーツ界やお笑い界でも青が目に付いた。

だが、きっと、平成最後というワードからは軽いと思う。馬券内に入ってくれたとしても3着あたりではないだろうか。


さて、ここまで妄想記事に付き合わせてしまい恐縮だが、我が愛馬ストラトスフィアは、無事鮫島先生の下に預けられた。

12月19日

鮫島調教師:先週入厩してから坂路に入っております。まだ入厩したてですので調教自体は軽いものですが、順調に進んでおり本馬も元気に過ごしております。ゲート試験については早ければ来週での挑戦を考えており、まずはそこに向けて乗り込んで行きます。


元気に過ごしているということでなにより。
このおうまさんは、浦河の吉澤ステーブルに移った時や、吉澤EAST→WESTに移った時は環境の変化に戸惑っていたおうまさんだ。
折角年内入厩を果たせたのだから、ゲート試験も年内クリアしていただけると有難い。


少しはモズカッチャンとご対面できたのだろうか。
そういえば、賛否両論あったJRAのイメージキャラクター。まもなく卒業であろう。
「ミッキ」ーの2頭だけでなく、その馬名もモズカ「ッチャ」ンとある。

クリスマスイブのイブに行われる有馬記念。すなわち天皇誕生日。
プレゼンターの及川光博さんから愛称のミッチー、皇后美智子様の愛称もミッチーだった。

民間人から初の皇室入り。当時戸惑われた美智子様へ、今上天皇、当時の皇太子様は
「柳」行「李」一つで来てください。と仰ったそうである。

そこに、イメージキャラクター残りの2人の名前が入っているのは偶然だろうか。


いや、平成最後の有馬記念はそういう軽さは無い筈。でも、モズカッチャンも頑張って走り抜けて欲しい。

有馬後にも中央G1を控えているとはいえ、今年最後の大勝負という方も多くいらっしゃることだろう。
楽しく検討し、悔い無き勝負を。
page top