おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア近況190405


技術はないがお許しを。何が写っているかはおおかた想像できると思う。

連続夜勤の合間になるが、ちょっと時間ができてしまったので書いてしまおうかと。
そういう時間は本来は桜花賞の検討に充てるべき、いやもう少し寝ていたいのが本音であるが。


さて、現在名張で調整中の我が愛馬ストラトスフィアの近況が挙がっていたので先ずはそのシェアから。

4月5日

岩崎ステーブル:土曜日に坂路16/F1本、火曜日に1本目坂路17/F、2本目に15/Fを行い、他の日はダクとキャンターでの乗り込みを行っています。
坂路は力の必要なコースになっておりますが、本馬は騎乗した感じから、背筋を強化していった方が良いという印象を持っています。
ただ、先週より動きは良くなってきており、このまま強化して行けば競馬でももっと走れるようになると思います。
坂路を乗り込み、筋力アップを促していきます。
早いところやっても調教の反動もなくしっかり食べられており、体調面良好です。


背筋強化には、坂路。と( ..)φメモメモ

メモメモの顔文字はもう遺物と化している話に触れたことがあるが、個人的にはよく表された印象を持っていて好きである。


さておき、我が愛馬は成長途上であることには違いない。
遅生まれ、しかも令和元年初日が誕生日。成長過程では晩生に入るかもしれないが、あとはJ○Aさんがそれを待ってくれているか、お呼びでないかのどちらかである。


今大事なのは、この調整で怪我無くコンディションを上げることだ。
再びレースで使われる時はもう令和である。

これまでは我が愛馬。新時代、新元号から期待と書いていた。それが令和になった。
ついにその時に入る。これで走らなければ諦めが付く。


近況報告もいい事ばかり書かれる。典型的なオーナー向けコメント。
だが、その結果がデビュー2戦連続二ケタ着順。他の会員さんもそうだとは思うが、ほぼ読み流して完結しているだろう。

何時まで調整が続くかといった見通しは見えないが、次走は令和。そして芝であることには違いない。
page top