おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア近況190412


画像は3月17日の未勝利戦に出走した時のパドックで、ワラビさんという方が競馬総合チャンネルに投稿されていたものを拝借した。
御礼申し上げるとともに不都合であればお申し付けいただきたい。

その我が愛馬ストラトスフィアは、引き続き名張の岩崎ステーブルで調整中。

オフィシャルからの近況をシェアすると、

4月12日

岩崎ステーブル:土曜日と火曜日に坂路15/F各1本ずつ、他の日はダクとキャンターで調教を行っています。
しっかりとした乗り込みを続けられており調教毎に動きは良化しています。 もう少し背中を使って走れるようになるともう一段良くなると思いますので、フォームの修正と筋力のアップを日々の調教で取り組んでいます。
飼い食いの良さも変わらず疲れも見られませんので、この調子を維持しながら乗り込みを続けたいと思います。


鮫島氏より「勝たせたい」ので・・・の中身がこれである。

もう平成には登場しないだろう。次の出走は令和だ。令和に入ってのち出走するための時間稼ぎかもしれない。


おうまさんは天然のもの。そういう生き物のフォームを直せるとは凄いことだ。

これまで背中を使えていない走りというのはどこにどう影響していたのか、おうまさんを見る眼を持ち合わせていない私から見たらサッパリだが、
その状態でもそれなりのタイムは出ていて、それでいて導かれないのは、綺麗なフォームで走っていないからだと。

大きなレースでも結果を出せるおうまさんはどことなく品がある。
品がある見せ方ができるのは走る姿からも受け取れるものであるのなら、確かにフォームに難があればそこに目を付け改善させるというのは「勝たせたい」ために必要なことなのかもね。


でももう悠長なことは言ってられない。
9月はスーパー未勝利戦で勝利に導かれるおうまさんは極僅か。使い詰めできたおうまさんは元々そこに出ることすら叶わない。
スーパー未勝利戦は元々レベルが高い(とJ○Aさんは見せているが)。そこへ出走した過去の出資馬の歩みを見ると、8月からレベルの高さが垣間見えた。使い詰めのおうまさんにとってはそこがラストチャンスだから。

令和に復帰し、本当に導かれるのなら、7月までだと思う。
page top