おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア近況190503&190510


平成から令和へ。愈々この時も迫ってきた。


さて、久しぶりの更新となってしまった。5月もそろそろ半ば。令和最初の記事である。

ここにいらしてくれる方々の中には、10連休を満喫された方もいらっしゃると思う。
私はその10日間の間、2日ほどしか休みがなく、その休みもサッカー観戦や、連休最終日のただの疲労回復に時間を費やし競馬からも離れてしまっていた。

連休の間に、オフィシャルから愛馬の近況が1件と、その一週間後の本日再び挙がってきた近況を先ずはシェアすると、


5月3日

岩崎ステーブル:今週も先週と同じく坂路15-14/F2本と他の日はダクとキャンターのメニューを行いました。
スタート時点からしっかり負荷をかけて坂路を走らせており、だいぶ走りは良くなって来たもののしまいの甘さを感じます。
今後もコンスタントに乗り込んでいくことで息が持つようになると思っていますので、このペースを崩さずに乗り込んでいきます。
休まずに乗り込んでいますが食欲が落ちずに馬体重を維持できているので、ペースを崩さずに乗り込めることは本馬の良いところです。
引き続き負荷をかけた乗り込みを続けていきます。


5月10日

岩崎ステーブル:引き続き坂路15-14/F2本、他の日はダクとキャンターのメニューを行っています。
走りは先週と大きく変わったところはないですが、男馬と同じ位食べっぷりが良く、体調面での良好さが目立っています。
鮫島調教師に近況を報告した際、「馬房の状況もありますが、近い内に帰厩させることを考えています」とのことでした。
馬体はもう少しふっくらしても良いように思いますので、帰厩までしっかり乗り込みながら、余裕を持たせて送り出せるように進めていきます。
馬体重464kg


とまあ、未勝利戦あとどれくらい残ってる?と言いたくなるようなマイペースぶり。
いくら遅生まれでも・・・とも思ってしまうが、今回この放牧は、鮫島師の「勝たせたい」からスタートしている。
だから信じるが、帰厩して一戦使ってはっきりすることだろう。
新時代になって走るかもしれないとも書いてきた。今は令和。新時代になっている。
令和初日、このおうまさんは誕生日を迎えた。新たな力なりオーラなり。備わったと思い込んでみる。


令和に入って最初に迎えた中央競馬はある意味波乱のスタートとなった。
ひょうで開催が中止になったのは、長い歴史の中でも初めてとのこと。

このブログをパソコンでご覧になっている方は、私がなんちゃら予報士であることは一度目に触れていたかもしれない。
今はJ○Aさんともお付き合いさせていただいている。

で、私はその日、夜勤明けだった。夜が明け朝を迎えた時、前日にお届けしていた我が街府中の予報。晴れのち曇り。
そこから、もっと天気は悪くなるのではないか。という流れになっていた。
そこで先に出していた予報から変更が出てきたことを伝えるべく、電話した。

早ければ15時頃。要はレースがまだ行われている時間帯に、突然の雨か雷雨になる可能性がある。

結果は、もっと酷い天気だった。我が家の屋根も一時雷鳴が消されるほど激しく雹が叩いていた。。
page top