おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア近況190926&191003


ワラウカドはバヌーシーのように最新の画像や動画を中々用意していただけないので、個人的なちょっとした発見を。


先日、大井競馬場で行われた交流重賞東京盃にて、藤田菜七子騎手がJRA女性騎手初の重賞制覇を果たした。

ということを受け、もう少し記事を掘り下げてみようかと、お世話になっている競馬総合チャンネルの検索窓に「藤田菜七子」と入力しようとした時、

・・・ん?

一瞬手が止まったのが上の画像。


先日スターズプレミアの記事のところで、更新が開いた間にようやくWINDOW10にしたと書いていたが、それまで使っていたWINDOWS7。

競馬ブログ書いたり、競馬垢のツイッター使ったりと、個人的に藤田菜七子とか馴れ馴れしく菜七子ちゃんとか。
そう入力する機会が国民レベルでは高いほうだと思うが、

これまで菜七子が一発変換されず、「なななこ」と入力し、いつの間にかPCが学習してくれて「なななこ」で片付けていたところがあった。
(辞書登録とかちょっと仕事ができる人のような対応は私には持ち合わせていない笑)

そんなノリで、その検索窓にも「なななこ」と入れようとしたら、ななこでしっかり候補に挙がっているではないか。


ということで、私も目に見えるような変化を周りに与えているのかと自問自答。
きっかけを与えてくれた菜七子ちゃんに感謝したい。


とまあ、ここでもまた話があらぬ方向に行きそうなので、2週分溜めた我が愛馬ストラトスフィアの近況を。

前回は2週間ほど前に鮫島先生のもとに帰厩したところまで触れた。
なので、以降の状況をオフィシャルの発表から。

9月26日

栗東CW 4F | 56.9 - 40.6 - 12.3 | しまい強目
鮫島調教師:本馬は体調が戻ったという事で、状態としては少し早めではありましたがトレセンに戻しております。元気を取り戻しており、先週末からじっくり調教に取り組んでいます。
今日の追い切りでは時計はそれほど意識しておりませんでしたが、戻ってきてからの最初の追い切りとしては動きは悪くなかったと思います。
前走で非常に良い走りを見せてくれていますし、次のクラスでも勝負できる能力はあると思いますので、しっかり調教しながら次走を見極めて行く予定です。


10月3日

栗東CW:4F | 56.3 - 41.9 - 13.1 | 馬也
鮫島調教師:今日はもう少し早めの時計の指示をしていたのですが、風が強く走りづらそうな感じでしたので、時計はそれほどではありませんが、動き自体はまずまずだと思っています。先週末から動きも良くなっており、今週末も1本大きめの時計で調教を行う予定で、順調に乗り込めています。ここ2週間で状態が随分良くなって来ていますので、来週追い切ったところでの状態を見て次走を決めて行きたいと思います。
*来週の出走はありません。

風が強かったのは台風18号の影響だろう。
台風が朝鮮半島付近にあった頃の追い切り。無事こなしてくれたことに感謝したい。


個人的には、初勝利を挙げた芝1200mの番組を使ってほしいと願うところはあるが、この時期の1勝馬クラスで芝1200mの番組は非常に少ない。
なので、次走はおそらくそういう番組ではない選択をすると思うが、
そうなった場合、連勝を果たせるかと云ったら厳しいかもしれない。


当方は、馬券攻略をサイン競馬としているが、その視点の一つに走法がある。
詳細は避けるが、この仔の場合、それが背景では距離延長が向いていると思っていない。

これがデータ派の視点では距離適性云々といった表現になるのだが、それを覆す、いやその是非が世相なので、距離延長が通じるかはその流れと如何にマッチしているかに依る。

この仔を後押しする要素があるとしたら、確かに前走初勝利を挙げたレース内容やタイムは良かった。
加えて、その時の2着馬が次走も好走した上、未勝利戦の番組が終了し1勝馬クラスの格上挑戦でも馬券内に食い込んできた。
そのあたり、好材料はあるが、故に次走も芝1200mに拘ってほしいところがある。
page top