おうま生活空間 oumalife.space

ストラトスフィア近況200508〜200529

 

昨年、暮れにも迫る頃のレース。これでダートに見切りをつけてくれた。筈のレース。
4角までは形作ろうとしてはいたけど。

 

 

それから約5か月余。芝1200mに照準を絞ってくれたところは好い。だが、関東圏の遠征はもう、止めにしなさいと。
こちらとしては小倉専属でもいいし、そうなると半年に1回くらいしかチャンスが無いような状況だが未だ、ワラウカドに勝ち星量産を望むのは酷なので。。
安馬でも走るおうまさんは散見されるが、こうも凡走続くとそれには当て嵌まらないだろうから、せめて着拾っていく走りを繰り返してくれれば。

 

だが、何もかもを悲観しているわけでもなく、この仔が唯一挙げた勝ち鞍は夏の小倉。その時期が迫ってきている。
ワラウカドは、ルヴォルグが上のクラスへとステップアップし、後に続く者への道を造り始めた。ゼノヴァースも今のクラスには目処が立つ走りをしている。
ストラトスフィアがクラブの看板馬にはならないだろうから、先ずは高額馬に勝ってもらうことで安馬も勝ち易くなる状況を作ってもらう。
ストラトスフィアがもしまた一つ、勝ち星を積めたとしても既に、ルヴォルグは更に上のクラスに居るからそれほど問題視されることもないだろう。

 

で、小倉の季節が間もなくやって来る。未だ少し、期待を持てる状況。それが今現在。

 

 

その、ストラトスフィアは引き続き栗東近くのアカデミーにて放牧中。もう1か月余りになる。
5月頭に一度オフィシャルからの情報をシェアして以来となるが、

 

5月8日

 

アカデミー:今週から本格的に乗り始めており、毎日2400mを18‐20/Fで調整しています。
見た目には歩様に問題は無いのですが、騎乗員からは少し左前が硬いとの報告を受けています。
今週の始めに比べると硬さはだいぶ良くなっている様子ですが、明日獣医のチェックを受けさせる予定です。
問題が無いようであれば来週から15‐16/Fまでペースを上げて乗り込んでいく予定です。
飼い葉をよく食べるようになり、元気を取り戻してきてますので調子を上げていけるように調整を進めていきます。
現在の馬体重474kg

 

 

5月15日

 

アカデミー:先週、獣医に馬体チェックをしてもらいましたが特に硬さは見られませんでした。
左に張り気味になるところがあるのかもしれませんが、今の状態で問題は無いとの事ですので今週から早めの調教を取り入れています。
今週の火曜、金曜は馬なりでの調整とし、キャンター1800〜2000m+半マイルを16‐15/Fで乗りました。
他の日は2800mを20‐18/Fで乗り込んでいます。
騎乗員からもだいぶ硬さは取れてきていると報告がありました。
歩様や調教中の動きにも問題無いので引き続き乗り込みを進めていきます。
現在の馬体重476kg

 

 

5月22日

 

アカデミー: 火曜は雨の影響で馬場状態が良くなかったのでキャンター2600〜2700m +半マイル 16/Fで乗り、金曜はキャンター2600〜2700m +半マイル15‐15/Fを併走で調整しました。
他の日は2800mを20‐18/Fで乗り込んでいます。
金曜の調教では少しハミ受けが良くない感じがあり頭が高かったので、週末に歯のチェックを受けさせる予定です。
早めの調教の後もそれなりに飼い葉を食べてくれるようになったので、この調子でもう少し体に余裕が出せればより良い状態に持っていけると思います。
現在の馬体重478kg

 

 

5月29日

 

アカデミー:今週は火曜に単走、金曜に併走でキャンター2600〜2700m + 半マイル15‐15/Fで調整しました。
他の日は、2800mを20‐18/Fで乗り込んでいます。
金曜の調教は2歳馬と併せました。少しムキになるところがありましたが、併走馬が遅れるとリラックスして走っていました。
歯のチェックをしましたが、口の中に傷も無く問題無かったので削ったりはしていません。
ムキになった際に右に張ろうとするところがありますが、今週はハミ受けの悪さは気になりませんでした。
定期的に歯のチェックをしますので、様子を見ながら必要に応じて処置をしていきます。
飼葉をしっかり食べているので馬体重は484kgに増えました。 今ぐらいの体重を維持できるように状態を確認しながら乗り込みを進めていきます。

 

 

ムキになって走る姿勢が見えるようになってきたことはおそらく、ネガティブな印象ということになるのだろうけれども、
元々は大人しかった仔であった筈だから、闘争心が出てきたと。そう視点を変えてみたら、悪いことではないのかもしれない。
まあ、身贔屓承知の上での発言ですが、、、短距離路線ゆえに、そのまま勢いでゴールまで行ってくれればね。

 

小倉開催は未だだいぶ先。怪我病気無く。矯正が必要ならじっくりと調整してくだされ。

page top