おうま生活空間 oumalife.space

スターズプレミア(スターズインハーアイズの2017)出資


一口馬主復帰後2クラブ目、2頭目の出資に至ったおうまさん。

先にストラトスフィアのほうの記事で、DMMバヌーシーの動向も追いつつ、オークスの結果を受けて入会した話をしていたが、
入厩が延期されたことに伴い出資締切も先送りされていたこのおうまさんにある意味駆け込みで出資してみた。


実は、バヌーシーへは入会だけ済ませておいて、気になるある1歳馬の様子を見て、そのおうまさんへの出資を検討しようかと思っていたのだが、
先週末、葵ステークスで三連複1点的中、ダービーでロジャーバローズを射止めるなど、あらぬことを2日連続でやってしまい、悪銭身につかずではないがこういう出費も悪くはない・・・

・・・いや、先のストラトスフィアの記事で、
ダービーで私の本命が勝ったらこのおうまさんに出資する。

と、同じバヌーシー会員の競馬仲間に告げていたものだから、有言実行せな話がおかしなる。


ただ、ストラトスフィアの時はほぼ即決で出資したが、今回は一呼吸おき、一応は大安の日に出資。

まあ、このおうまさんとの出会いは、ワラウカドの不振もさることながら、先述の通り競馬ファンの涙の外れ馬券の結晶なくして得られなかったところから、

 いらしてくれた方々へ極力
 シェアに務めたいと思う(ホンマか?)


とはいっても、このおうまさんのことよりは何故ロジャーバローズ?のほうに興味があるかもしれないが、
未だ1記事目だし、ストラトスフィアでの愛馬近況+サイン談を、愛馬が2頭となった今後どういう構成で述べるべきかまでは考えてなかったので、それはこの先の課題ということとさせていただきたい。


このスターズプレミアは、母がスターズインハーアイズという、何か聞き覚えのあるトーン。
そう、この母の母がウインドインハーヘアーなので、スターズプレミアの母はあのディープインパクトのきょうだい(お姉さん)ということになる。

そこに、ロードカナロアをつけ誕生したのがスターズプレミアである。


このおうまさんへの出資の経緯はいくつかあるのだが、
このおうまさんは矢野牧場産。その後浦河の吉澤ステーブルで育成され、今は信楽の吉澤WESTで調整を重ねながら入厩を待っている。


ということは、デビューして2戦、いずれも二ケタ着順の我が愛馬ストラトスフィアと育成過程が全く同じである。


産地が異なり、クラブが異なり、調教師も異なり、育成は同じ。
比較が容易かと思い出資を決めたのも事実。


産地とクラブが異なることはもう把握されたと思うが、最後の調教師が異なる。のは、ストラトスフィアが鮫島師管理に対し、
スターズプレミアはあの(くどい)池江師管理のおうまさんとなる。

これでまさかストラトスフィア未満ということはないとは思うが、実際は走ってみないとわからない。
ただ、馬体の画像や動画を見ると、素人の私でさえ何かカナロアぽい。と感じるところがあるので、池江先生の手腕への期待と、競馬会に好かれるおうまさんであってほしいと願うばかりである。


だが、バヌーシーは、昨年はダービーに出走、今年は開業3年目にして早やG1制覇という素晴らしい実績は得ているが、
元々このクラブは高額馬を1万口という細分化で上級国民でない私でもエリート馬を持てるというスタンスである。

すなわち、回収ができているかといったら、未だそこまでは達成されていないクラブだ。


そのG1制覇、オークスでのラヴズオンリーユーですら、回収率は未だ50%ほど。それでもクラブ一の稼ぎ頭&回収率だから、黒転させるには課題が多く残されている。

今回出資したスターズプレミアが元を取るには、今週末の安田記念に出走を予定しているロードクエスト並みの賞金。ようは2億5千万円くらい獲得しないと赤で終わる。

ロードクエストのレベルで重賞3勝。果たしてそこまでのおうまさんかというと未だ何とも云えないが、
繰り返しにはなるが、池江先生の手腕への期待と、競馬会に好かれるおうまさんであってほしいと願うばかりである。


一応、近況をシェアすると、

5月28日
ゲートもすんなり入り駐立もできています。やるごとに嫌な雰囲気を出す馬もいますが、スターズプレミア(スターズインハーアイズ20107)に関しては最初から今までゲートは変わりありません。(原文ママ。その西暦はさすがにない)

5月28日
相変わらずまとまりがいい走りをしていて、身のこなしは2歳とは思えないくらい安定しています。吉澤ステーブルWESTに来た当初に比べればだいぶ落ち着いて調教もできるようになり、馬体重もかなり増えてきました。


かなり増えた馬体重とは、460〜470kgと思われます。


えーと、ここは更新が結構まめ。しかも動画主体。
ワラウカドみたいに週一ではないのかよ笑

会員としては有難く思うが、都度追走するのは厳しいと思われるのと、それをやろうとすると心が折れて三日坊主に終わる懸念がある故、できればこれまで同様ほぼ週一ペースくらいで書かせていただけたらと思う。
page top