おうま生活空間 oumalife.space

スターズプレミア近況200203〜200217

 

こういれて起こしとかないと・・・

 

 

ということで、我が愛馬スターズプレミアはそういうことです。

 

・・・おうまさんを見る眼がない私では、何のことを仰っているのか良く解らず上手くお伝えすることが叶わないので、オフィシャルからの近況をシェア・・・

 

・・・も、愛馬が皆放牧に出たことを言い訳として、ここの更新も長くサボってしまっているので今月頭から。となるが、

 

2月3日

 

吉澤WEST行かせていただき見てきました。まだ背中の痛みがありますが、触った感じは先週に比べると良くなっていました。体全体の硬さは取れてきて馬自体もかなりリラックスできていましたが、一番疲労度がきつかった背中だけまだ痛みが残っている感じでした。痛いところが取れるまではきっちり休ませてから乗り出したいと考えていますのでまだ今週はゆっくりさせたいと思います。

 

 

2月10日

 

吉澤WEST行かせていただきみてきました。体や背中の痛みはかなり良くなり、体も増えましたが太め感はなくやっといい状態に戻ってきたかなと思いました。先週土曜に状態を見るために軽く跨っていただたそうで、乗り手の方は「背中の柔らかさがなくなっていて硬さを感じました。特に右が硬く、横の動きがスムーズにできないの角馬場などで体をほぐす感じの運動から進めていきます」と仰っていました。まだ乗り始めたばかりですので、なぜ走れなかったかの原因をしっかり見つけて進められたらと思います。

 

 

2月17日

 

吉澤WEST行かせていただきみてきました。先週から角馬場を乗り始めて先週の土曜日からはトラックコースで軽めのキャンターでバランスや馬の収縮をメインにした調整をしていただいています。背中の痛みも取れたようで、後は騎手に言われた「脚が溜まらない」という部分がどのような原因からきているのかスタッフの方々と考えて調整をしたいと思っています。ハミにもたれたり、トモの踏み込みの浅さ、しっかりと収縮運動ができないという点があるので角馬場と周回で整えていけたらと考えています。

 

 

そうでした。。この仔の今回の放牧は、背中に痛みを伴っていて先月末には一寸触られただけで痛がっていたところがスタート。
それが、次週には少々改善されるも未だ、気にしている様子で、先週は更に改善。そして少しずつ乗り運動を再開するところまで戻ってきた。

 

ただ、毎週毎週現地でリポートしてくれて、込み入った話もいただいているのに、
こう背中の柔らかさを活かせていないこの仔のように、私の頭の中で上手く整理ができていない状態。

 

 

私なりの解釈では、動画の中で「伸びるというのを覚えてしまった。」とあったのと、調整の中で「収縮」を意識しているところから、
バネの伸び縮みのように反発力を活かす走法になれば、身体全体を上手く使えるようになって推進力が生まれる。

 

これが何点の回答かは存じ上げないが、この仔は前脚の捌きは綺麗に見える。でもトモの緩さを指摘されて、
でもでもトレセンでは坂路メインの調教だから、云わば前脚だけで走っているのかもしれない。

 

 

うーん、まあそこが勝ち上がれているおうまさんと、そうでないおうまさんとの差であるかは判らないのだけれども、
私個人が形から入るタイプだから、取り敢えず様になっていないとお呼びがかからないのかもね。

 

復帰には未だ時間がかかりそうだが、もう時間が無くなってきたとはいえ、矯正するなら徹底的にやっていただき、次にターフでお目見えする時は変わった姿を映して欲しいと思う。

page top