おうま生活空間 oumalife.space

スターズプレミア近況200701〜200708 今週末出走へ

 

今回、茶色い所でお世話になります。よろしくお願いいたします。

 

ということで、我が愛馬スターズプレミアだが、今週末の出走が確定した。

 

 7月12日日曜日
 阪神4R ダート1400m 川田将雅騎手

 

 

遂になのか、やっとなのか、今更なのか。これまでは主に芝のマイル戦を使われ、ここにきて1800mを使うといった迷走ぶり。
更に、デビュー後の川田騎手の指摘、放牧先の吉澤WESTでの指摘。そこから前走1400mを初めて使われた。

 

距離短縮が矢張り向いていたのか、最後までしっかり走れていたようだが、ジリっぽさを露呈。
そこから今回、ダートに目先を向け未勝利脱出を図ることになった。

 

 

はっきり申し上げて、ダートの適性は未知数である。
個人的にはピンかパー。中途半端な結果にはならないような気がしている。

 

まあそこは、おうまさんを見る眼がない私の視点に過ぎないので、今回デビューから8戦目。
初めて乗り替わりなしで臨むレース。且つ、川田騎手での続戦。

 

パーなら引退か転厩になるのではないかと悲観的にもなるが、毎度スタートは良く、先団につけるセンスの良さはある。
芝で斬れなかった脚が、ダートであれば押し切れる脚に変わってくれると嬉しい。

 

おうまさん自身は頑張っていると思う。見守ってくれている人も多く居る。
何とかそれが、先頭で駆け抜ける結果へと結びつくことだけ。ただただそれを願う。

 

 

オフィシャルからの報告をシェアすると、

 

7月1日

 

池江調教師から連絡受けました。今週は明日サラッと追い切るか日曜日に追い切るかを考えています。馬に合わせてメニューを組んでいき来週の競馬にいい状態で向かえたらと思います。ダートコースは雨で硬くなっていて今調教コースで取り入れるのはリスクがあるので角馬場やトラックコースでダートを踏み、ハッキングで軽くダートコースに入ったりしています、とのことでした。

 

 

7月8日

 

池江調教師から報告受けました。雨が酷かったのでダートでの追い切りはやめてポリトラックで追い切りました。状態は維持できていますし、いい動きをみせていました。ダートコースは普段の調教で少し取り入れており、脚取りも問題ないのでこなしてくれるのではと考えています。あとは川田騎手にお任せします、と仰っていました。

 

 

ダート替わりを明言して以降、ダートで追い切れた機会は一度もなかったようである。
果たして、本番で、ダートに変わって水を得た魚のように走ってました。みたいなコメントが訊けるか否か。

 

 

この中間に出した時計は一本?
詳細は新聞等でご確認いただきたいが、

 

7/8 助手 栗東P 良 81.2 66.5 52.3 38.8 12.0 (8) 強めに追う
ウォルフライエ(3歳未勝利)一杯の外0.5秒先行0.3秒先着

 

であったようだ。

 

 

なお、バヌーシーがダートで勝利を収めたのは、今年になって初めてである。
ダートへの出走が決まった以上、好い事例を積んでいただきたい。

page top