おうま生活空間 oumalife.space

スターズプレミア近況200712 初勝利から一夜明け

 

やーーっと先頭で駆け抜けてくれたな。って感じで、
スマホのシャッター切ってみたこの時も「勝った。」(無機質)くらいのリアクションしかなかったけど。

 

 

ということで、我が愛馬スターズプレミア。少なくなってきた3歳未勝利戦の番組。ダート替わり初戦。
それでも1番人気に推され、川田将雅騎手を背に1着という結果。でした。

 

 

会員さんや濃い競馬ファンの方であれば、丸一日の間に既知ということになろうが下記、レース後の関係者のコメントがオフィシャルを通じ公開済みなのでシェアすると、

 

7月12日の阪神4R・3歳未勝利に出走。結果は1着でした。
川田将雅騎手は「理想的な競馬になりました。この馬が未勝利で終わるはずはないと言ってきたので、自分の手で勝たせることができてうれしく思います。中間、厩舎には調教の工夫をお願いし、それもうまくいったと思います。現時点ではスピードに乗るまでに一瞬遅れることや、坂でジリっぽくなることなど、改善すべき点がたくさんありますし、新馬戦当時の柔らかさ、軽快さが今はありません。もっとやれる馬のはずですからね。何が原因なのか、勝てたことにより時間を使えるので、関係者みんなで考えていきたいですし、そのような状況にすることができて良かったです。携わっている人たちの勝たせたいという執念が結果につながったと思います」と振り返っていました。

 

池江泰寿調教師は「お待たせしました。最後はヒヤヒヤしましたが、何とか勝ち切ってくれました。いい馬ですがまだまだ成長の余地はありますし、緩さが残っています。来週、吉澤ステーブルWESTに放牧に出す予定で、一息入れることによってさらに成長してくれると思います。時間はかかりましたが、最低限の仕事はできてホッとしています」と話していました。

 

 

出資当時は、これは重賞二つ三つ獲らないと投資回収できないなぁ。なんて周囲に言ってはいたけれど、その為には先ず、1つ勝たないと話にならない所であり。
その一つが時間を要し、大変だったのだけれども、ここまで我慢強く、いや気持ちそのものの強さを携えながらこのおうまさんと向き合い続けた多くの関係者に対し、感謝申し上げたい。

 

 

また、川田騎手のコメントを見ると、ただのオーナー向けの言葉ではなく、本当にこの仔と向き合うことなしに出てくるような言葉ではない。
エリート、一線級のおうまさんの騎乗機会も多いであろう川田騎手がこうして、底辺(今は)のこの仔をここまで語ってくれるのは一かけらの馬主の身としても大変有難く思う。

 

 

この仔は年が明けてから背中痛との闘いでもあった。ここまで2戦しては放牧の繰り返しできていただけに、今回2走目。結果が出なかったらより辛い思いをして次に備えなければならなかったかもしれない。

 

出資した以上、より多くのレースに出て・・・という思い以上に、最低限の結果は出せたから今は、時間を要してでも体をしっかりとケアして欲しいなと。七夕賞の週。何年もお願い事してなかったけど、今年はそうお願いしよか。

 

 

お願い事、、まあ私の馬券攻略はサインということになるので、、、
こうして織姫、彦星、天の川、七夕、プロキオンとつく週に、スターという馬名はお似合いだったのかもしれない。

 

・・・
・・・え?なら、この仔の出番は年一かーい!!というツッコミはさておき、
この妄想が本当であれば、ならば星の付くレースや星連想のレースなどいくらでもあるのだから、そういった週にどんどん登場してやればいい。

 

あ、いや、所詮は、オカルト、都市伝説的発想。何よりスター馬名、いくらでも居ますから。

 

 

そういう番組選定でなくてもこの先、この仔への活躍をさらに求めるのならば、一つハードルをクリアしたことで今後はどの条件を使っていくのか。
主に芝1600mを使われ続けたこの仔が、距離短縮の進言から1400mとし、ジリ脚体質からダートへ矛先を向け、

 

こうして結果が出ても課題もまた出る現状で、
坂のある1400mで脚が止まりかけたのなら、坂のある1200mだとまだやれるのか。とか、
平坦であれば上のクラスでも1400mもつ。とか、

 

いや、先生は未だ緩い。という見立てであれば、そのあたりが解消されればもっと、融通利くおうまさんになれるのか。とか。

 

 

一つ勝つってすごいね。結果に関わらず記事は書くのだけれども、仮に昨日も敗けていたら今日こんな記事にはならないからね。

 

 

私にとっては、一口馬主の世界に復帰して最初に所有したストラトスフィア(ワラウカド所属馬)の未勝利戦勝利以来、それもまた7月での勝利ということで今回の勝利は約1年ぶりとなる。

 

勝利数としては乏しいけれども、2頭が1勝ずつの計2勝。しかも中小のクラブ所属馬で多頭数持ちでない身としては十分過ぎる結果かと思う。

 

だが、結果が出れば貪欲にもなる。いや、更に上を求めたくもなるし、一つ勝つだけでその権利も得られるのは大きい。

 

 

この仔の勝利によって、バヌーシーの現3歳馬の勝ち上がり率が更に半端ない数字となった。
既に身を引いてしまったおうまさんも居る現状もあって複雑な気持ちもあるが、この世代デビュー13頭に対し、9頭が勝ち上がる。率にしてほぼ7割。そんな馬主他に居るだろうか。

 

もしかしたら、ゴールデンレシオに続きバヌーシー現3歳馬2頭目の勝ち上がりのチャンスがあったスターズプレミア。
それが次々と先を越され、もう席はないのではと悲観的になったこともあった。

 

その席を勝ち取ったポテンシャルが更に目醒めることもまた、願う。

page top