おうま生活空間 oumalife.space

グランスエーニョ(ポルケテスエーニョの2018)近況200614〜200618 デビューに向け諸々固まる

 

ということで、我が愛馬グランスエーニョのデビュー。

 

先に日程と番組について触れていたが、そこに変更はなく、空欄だった故に鞍上への妄想も併せて行っていたが、
そこは全く予想をしていなかった戸崎騎手に決まった。

 

これはまあ勝負に行っているという見方のほうが大きいとは感じる。

 

7月は完全ローカル場所。戸崎騎手も毎年、福島で勝ち鞍を量産している。
落馬事故から復帰後、重賞には手が届かないがメインレースも獲っており、夏は更に上げていくと思っている。

 

 

全く予想をしていなかった・・・のは、今年開業し、グランスエーニョを管理する宮田調教師。
ここまで一度も戸崎騎手に管理馬を乗せていたことは無かったからだ。今週末出走させるおうまさんたちにも騎乗予定がない。
故に、今回の発表は驚きと喜び、期待感も大きくしてくれるものだった。

 

まあ喜びや期待感といったものは結果が出て初めて湧き出る感情だとは思うが、
戸崎騎手は以前、私が会員になっていたクラブで当時所有していたおうまさんでの優勝歴がある。

 

 

 

もう約10年前の話で年期入りつつあるが、未だ大井時代。
青・胴赤星散らしの勝負服ではなくウチの勝負服を着ての騎乗だったが、その中央交流レースで優勝してくれた。

 

余談だが、この翌年の安田記念にて、3歳馬だったリアルインパクトで大井在籍時に既に中央G1初制覇を果たしている。

 

 

実は、戸崎騎手と我が愛馬との縁はそのレースだけで、約10年ぶりの再会のような形となる。
未だ勝率10割が継続されるチャンスはあるので、その実現を期待するのみ。

 

 

と、そんな我が昔ばなしよりも、今の近況のほうが重要であろう。
オフィシャルからの報告のシェアを以って今回締めたいと思う。

 

6月18日

 

厩舎から報告受けました今日は坂路で54.6-39.6-25.5-12.6。追走して併せました。促されてギアが上がる感じでしたが、気持ちが入ってハミをしっかり取るようになってくれば良くなってくると思います。まだ追えるので早めに入れておいて良かったです。脚元は今のところ問題ないので、様子を見ながらウッドチップコースにも入れられればと思っています、とのことでした。レースは7月12日福島5Rの芝2000mに戸崎圭太騎手で向かう方向に決めました。公式発表までしばらくお待ちください。

 

 

精力的に追われているようで、時計も多く出している。
早くコース追いもできるようになるといいが・・・

 

6/14 助手 美南坂 重 57.8 40.9 26.3 13.2 馬なり
キングスヴァリュー(障害未勝利)馬なりを1.1秒追走同入

 

6/16 助手 美南坂 良 63.6 46.3 30.3 14.9 馬なり

 

6/18 助手 美南坂 良 54.6 39.6 25.5 12.6 強めに追う
ノヴェッラ(古馬2勝クラス)馬なりを0.7秒追走同入

page top