おうま生活空間 oumalife.space

グランスエーニョ近況 〜201112 カトレアステークス回避へ

 

久々の更新だが、残念なお知らせが届きました泣

 

ジャパンカップ前日。東京9Rカトレアステークス出走を目指し、トレセンでの調整を行っていた我が愛馬グランスエーニョ。
トモの浮腫みが強く出たということで回避表明。。。

 

年内は休養に充て、年明けの復帰を目指すこととなった。

 

 

先月11日。デビュー2戦何れも芝で凡走していた我が愛馬グランスエーニョだが、
ダート替わりで臨んだ3戦目。水を得た魚・・そう例えるのが相応しいか否かは別として、そう表現したくなるような変わり様。未勝利脱出を果たした。

 

しかも、その直後。宮田調教師から次走はカトレアステークス、、、

 

という、もう勝利が決まっていたかのようなコメントまでもらっていた。

 

 

そのレースでは、道中相変わらず折り合いを欠くような走法。そして、最終コーナー回った後、足元からきらりと光るものをハンカチ落としのように置いていき(=落鉄)

 

 

 

それでも、人気馬の追い上げを凌いでの勝利。
不良馬場と云えど勝ちタイムも優秀で、カトレアステークスでの走りも期待していたが、残念な状況となってしまった。

 

 

まあ、プラス思考的発想として、、

 

一にも二にも、既に勝ち上がっていることが、とてつもなく大きい。

 

 

そして、その、未勝利戦を勝ち上がった次週。1勝クラスのプラタナス賞。
同じ東京ダート1600m(重)で行われたレースよりも勝ちタイムは上回っていた。

 

 

だが、その時の勝ち馬が、門別で行われたJBC2歳優駿で1番人気に推されながらブービー凡走。。
(グランスエーニョが出ていたら1番人気だった??)

 

故に、カトレアステークスでもやってくれるのではないか。という期待はあったが、
一方で、好ましくない結果が待っていたのかもしれない。

 

 

勝利後、一旦ノーザン天栄に放牧に出された時、
勝ったことで、気性面の成長を少しは感じ取ってくれていたようだが、

 

イレ込み気味だった私をなだめ、愛馬も更なる成長の機会を与えてもらったのだと思いたい。

 

 

引退表明したアーモンドアイや、コントレイルやデアリングタクトのオーラを受け取る機会を逃したのは残念(?)
あー、でも入れ違いになるのか??

 

 

まあでも、グランスエーニョ君。早いけど良いお年を笑
最初どうなるかと思ったけど、今年のうちに勝ち上がってくれてありがとう!

page top